gleam with you

フィクションかもしれないし、ノンフィクションかもしれない

ひとりのじかん

お題「ひとりの時間の過ごし方」

オタク以外の普通の友達とは遊ばないし(あんま遊びたくない)、実家暮らしなもののご飯以外の時間で家族と接することもほぼないので、毎日ひとりで過ごす時間がかなり多いです!

基本的に何をしてるかなぁ。ツイッターで推しへの愛をはじめ、アニメや映画やその他諸々の感想をわめき散らすことが多いかなぁ。まぁ基本的にネットですね。後はダラダラと、ゲームぽちぽちしたり、アニメや映画を見たり、漫画や本を読んだり…。完全にインドアです。外にはあまり出たくないですね。私が外にでるには、化粧・ヘアセットをきちんとしなくてはいけないので…。すっぴんボサボサマスクでそこまで〜♪とか無理です。恐ろしいです。あれは顔面整ってる人しかできないと思います。非常に羨ましい。

あ、最近はドラマもよく見るかなぁ。去年の話になりますが、逃げ恥は面白かったですねぇ、最初は。私は恋愛ものが苦手なので、後半にかけて星野源とガッキーが恋愛特有の悩みにあれこれしてるのを見ると苦しくなってきて…。最初の頃は星野源に感情移入して「わかる、まじそれな」って感じで楽しんでいたのですが…無理でした。でもちゃんと全話見ましたよ!面白かったと思います。帰ったらガッキーがいる生活ってサイコーですよね…羨ましいです。

あとあと!今期はタラレバを見てます(現在進行形)。なぜ私は恋愛ものが苦手と言いつつ、恋愛ものを見るのでしょうか。チャレンジ精神が強すぎます。

🙆🏻‍♂️「君は苦手なものを克服しようとしているんだね!とっても偉いよ!はなまる!」

ありがとう。突然現れたお兄さん。てなわけで、昨日は学校をサボって溜まっていたタラレバを3話くらい一気に見ました。キツかったです…。みんな恋愛してる…。世の中の人はすごいですよね…。ウワァー!なんで私は恋愛ができないんだろうウギャーーーー!ってテレビの電源を消すかと思いました。でも6話のラストは素敵でした。吉高由里子速水もこみちに(先程からキャスト名を挙げておりますが、単純にキャラ名を覚えてないだけです)別れ話をする際、「辛い時に目の前に現れた救世主だと思った」的なサムシングを言ってたじゃないですか?(鳥頭なので、間違えていたらごめんなさい)あれが心に刺さって。私が彼に想う気持ちと一緒だなぁって。私が辛くて、生きてる意味がわからなくて、苦しんでいる時に、彼の声が心に響いて、彼が救世主に見えて、私を救ってくれるんじゃないかって。そこから私は彼を利用して、死ぬ時まで生きようとしているのです。別に私は利用することは悪いことじゃないと思うんです。けど私と彼は「買い手」と「商品」という関係であり、吉高由里子速水もこみちは「恋愛相手」という同等の関係なんですよね。難しいなぁ、恋愛って。

でも吉高由里子は、速水もこみちに合わせて、苦手なフランス映画を見たり、ジョギングに付き合ったりしてとても偉いと思いました。私は生きていく上で自分の意志を大切にしているので(自分がクソなくせに)、嫌いなものは嫌いとハッキリいうタイプです。なので「フランス映画見ない?」と言われたら「ごめん、フランス映画は苦手なんだ。でもチャレンジしてみようかな(フォロー)」と言っちゃうと思う。世間の皆様はそうやって人に合わせて恋愛をしているんだなぁと思ったら、やっぱり私には恋愛をする資格がないと感じました。

うーん、最後はお題に逸れちゃったけど、もういいや!ええいままよ!