gleam with you

フィクションかもしれないし、ノンフィクションかもしれない

食べろという声に逆らえない

カショオの話。

スーパーやドラッグストアで並んでいる食べ物やお菓子を見るのが好きだ。なにを食べようかなとワクワクする。これとこれと、あれもいいな、それと、あポイント5倍なんだ。だったらあれも買って全部食べよう。

 

〈2017.9.23の日記〉

頑張れって言われてもこれ以上頑張れる身体じゃないし、生きてって言われてもこれ以上生きる元気もないです。いいよね、善人のふりして簡単に頑張れとか生きてとか言えるんだから、そのあとの責任もとれないくせに。あなたには頑張ってない風に見えるかもしれないけれど、私はこれでも毎日頑張ってます。薬なんか飲みたくないけど毎日ちゃんと飲んでるし、仕事も体力的にも精神的にもきついけど毎日出勤してるし。それが甘えだと言われて、生きたい人もいるのにって説教するなら、そんな私をどうにかしてください。

 

家に帰って、ガサゴソとレジ袋をあける。たくさん買ったなぁ。お昼ご飯をたべる。お腹はいっぱいだ。ほんとはもうなにも食べたくない。けれどそんな心の声を無視して、私の脳は命令してくる。食べろ、食べろ、食べろ、食べろ。

 

〈2017.9.13の日記〉

私は多くのものは持ちません。例えるなら、本当に大切なものは1つか2つしか手に持ちません。だからその他のものが他人によって壊されたりしても全然いいんです。某物語の主人公ではないけれど、どーでもよいものだけ貸すんです。だから帰ってこなくてもいいんです。

 

〈2017.9.3の日記〉

リビングで両親が揃って笑顔でドラマ見てる同じ階のトイレにて鍵かけて慣れた手つきで喉に指突っ込んでオエオエ行ってないさっき食べたもの便器にぶちまけるのめちゃくちゃ虚無すぎてめちゃくちゃおもしろい、レッドカーペットなら満点大笑いでしょ💯死にたいd(^_^o)助けてd(^_^o)?「無理で〜〜す」もうなんにも食べたくないよ〜〜…きもちわりーよ。なんで過食したんだよ。頭痛いし目も痛い。吐いたおかげで過食したけど痩せピッピ😍💯🙌☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️☠️

 

食べる。自分の手がお菓子のパッケージを開ける。ぶっきらぼうにそれをつかんでは口に運ぶ作業。楽しくない。お腹だっていっぱいで苦しい。けれどやめさせてくれない、自分が。だって食べてないといろんなことを考えてしまう。食べている時だけは嫌なことを忘れられる。一時的でもいいんだ。脳が命令する。もっと、もっと、もっと、もっと。

 

〈2017.8.20の日記〉

過食なんか楽しくねーよ 食べるのセーブしなきゃってそんなこと私だってわかってんだよ けど食べなきゃダメじゃん?だって脳がそう命令してるんだもん どんだけ食べ物のにおいにウッときても気持ち悪くてもそれらを食べなきゃいけねーんだよ くそ。なんのために生きてるのかがまじでわからん どうせ数年後には死ぬって決めたんならこんな普通の人みたいな道に進まなければよかった 私みたいなダメ人間が普通の人みたいな人生模倣しなければよかった ほんとうに無理です。

過食するぽくにマッマが注意するけどぽくは理不尽にキレる 地獄

?「ねぇ、そんなに食べて大丈夫なの?」

?「こんなにアホみたいに食べて大丈夫なわけねぇだろ 大丈夫じゃねぇことくらい私が一番わかってるわ」

クソ?

よいこのみんな〜〜

過食は4376735353535353535353535害あって一利なしなのでやめようね!